顔の産毛の正しい剃り方って?

顔の産毛剃りには、ファンデーションが肌になじみやすくなり、化粧もちがよくなったり透明感が出るなどの美容効果があります。また、基礎化粧品が毛に邪魔されずに肌に直接触れることができるため、スキンケアの効果が上がるメリットがあります。エステなどでは、顔の産毛剃りをメニューにいれているところもあり、ブライダルエステでは顔だけでなくドレスから露出している背中や腕の部分などに対しての剃りメニューもあります。産毛がなくなることで毛穴にニキビの原因になる雑菌がたまりにくくなり、ニキビの解消にも役立ちます。顔の産毛を剃るときには、正しい剃り方で行う必要があります。産毛を剃ると毛が濃くなるといわれるのは、間違った剃り方をしたのが原因です。剃るときに使うのは、電動シェーバーかL字型のカミソリがよいです。T字型のカミソリは、細かい場所には適していないので、腕や足などの毛を剃るときに使ったほうがよいです。避けた方がよいのが、毛抜きです。毛抜きで毛を抜いた場合は、肌にダメージを与え、毛穴が開いてしまい、たるみや黒ずみが目立ってしまうからです。剃る回数は、鼻の下の部分は週1回ペースで、それ以外の箇所は3、4週間に1回のペースがよいです。頻繁に顔そりを行うと肌をいためる原因になります。処理するタイミングとしては、朝よりも夜に行い、肌が柔らかくなっているお風呂上がりが一番ベストです。生理中は肌が通常よりも敏感になっているため避けた方がよいです。剃り方としては、毛の流れにそって剃ります。