顔の産毛が濃いのが気になる人へ

化粧ノリをよくする方法として、顔の産毛を剃る方法があります。顔の中でも鼻の下の産毛は目立つため剃った方が良いです。人によっては、産毛が濃いため全体的に顔色が黒く見える場合もあります。顔そりでは、産毛をそったためにかえって濃い毛が生えてくるケースがありますが、これは間違った剃り方で処理したためにおきます。正しい剃り方で行えば、産毛が今以上に濃い状態で生えてくることはありません。間違った剃り方で処理をした場合、皮膚を刺激して炎症を起こしてしまい、その後に生えてきた産毛が2つに分かれたり、毛穴のなかにめり込むことがあります。これが、毛が濃くなったと感じさせる原因になっています。間違った方法としては、剃る道具に毛抜きを使うことがまずあげられます。毛抜きは太い毛を抜くのには便利ですが、抜くときに毛穴が開いてしまい、たるみができる原因になります。また、毛穴が開いたことにより、穴のなかにある黒ずみも目立ちやすくなります。そのため、顔専用の電動シェーバーかL字型カミソリを使用するのが肌に負担をかけずに毛を剃ることができ、一番適しています。また、剃るときのタイミングとしては、朝よりも夜に行う方がよいです。これは、朝に行うと肌に刺激を与えた直後に紫外線を浴びることになるためです。夜であれば、処理したあとに睡眠で肌を休ませることができます。間違った剃り方としては、お風呂場で石鹸を使って剃るのもよくありません。これは、石鹸や洗顔料を使用して行うと、肌に必要な皮脂まで一緒に剃ってしまうからです。